スリランカビザ(ETA)の申請方法

2012年1月1日より、スリランカへの短期観光でもビザの事前申請が必要となりました。

インターネット上で電子ビザ(ETA)の取得は可能ですが、その手続きが難しいとのお声が多いため、作業手順を纏めました。
申請を代行する事も可能ですが手数料が掛かりますので、是非ご自身でチャレンジしてみて下さい。

※個別のご質問は直接スリランカ大使館にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
スリランカ大使館TEL:03-3440-6911 /6912 /6915

ETA申請前の準備・留意事項など

短期滞在目的の渡航者は、以下の要件を満たす必要があります。

  • 旅券(パスポート)の残存有効期間が最低6ヶ月以上あること
  • 予約が確定している復路の航空券などを所持していること
  • 滞在期間に応じた十分な滞在費用を所持していること

なお、ETAシステムで申し込む前に、予め以下をご用意下さい。

  • 旅券(パスポート。個人情報を入力する際に参照します)
  • クレジットカード(支払いはクレジットカードのみです。US$30請求されます)
  • メールアドレス(ETAはメールで届きます)

ETAシステムを使ったETA取得では、メールでETAが発行されます。
発行されたETAはプリントアウトし、必ず現地へ持参し、入国検査時にご提示下さい。

当サイトの情報は、2012年3月7日現在の情報です。
最新の情報は、必ずリンク先のサイトや大使館や領事館でご確認下さい。

※個別のご質問は直接スリランカ大使館にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
スリランカ大使館TEL:03-3440-6911 /6912 /6915

ETA申請画面を開く

以下のリンクをクリックすると、スリランカ電子ビザ申請ページが別ウィンドウで開きます。
当ページを参照しながら手続きを進めて下さい。
スリランカ電子ビザ申請ページ

ETAシステムに入る

以下のように選択し、ETAシステムに入ります。
なお、ETAシステムに入る前のページでは、以下のリンク以外に日本語での説明ページがあるので、読まれることをお薦めします。
eta
eta
eta
これでETAシステムに入りました。ここからは英語での作業になります。

事前確認と申請種類の選択

ETAシステムを使うにあたり、事前の確認と申請の目的などを選択します。
ここでは、旅行者としての申請の場合の手順を示します。
eta
eta
次のページからは、各種情報を入力していきます。
項目数が多いので、時間が掛かりますが、当ページを参照しながらすすめれば、それ程難しくはないかと思います。

各種情報の入力

旅券(パスポート)の個人情報や、連絡先・滞在先の情報などを入力していきます。
基本的には赤色で”*(アスタリスク)”の必須箇所のみ入力すればOKです。
当ページでもその必須箇所のみご説明していますが、それ以外の箇所も必要であれば入力して下さい。
eta
eta

連絡先として”Mobile Number”も入力しておくと、携帯電話にも申請通知が届きましたので、こちらの入力もお薦めします。

eta
次のページでは、今入力した情報の確認を行います。

入力した情報の確認

1つ前のページで入力した情報が表示されますので、確認後、一番下にある”Confirm”ボタンをクリックします。
eta
その直後に小ウィンドウが開きますが、ここも”OK”ボタンをクリックします。
eta

クレジットカードの選択と情報入力

次のページでは、ETA申請費用のUS$30を支払うためのクレジットカードの選択と、カード情報の入力を行います。
当ページではVISAを選択した画面を例示しますが、他のカードでも同じ手順になります。
eta
eta

ETA確認画面

支払い完了後、ETAが発行されます。
ここで添付ファイル1枚目の画面が出ますので必ずプリントアウトしておいてください。
この後にメールが2通届きます。
1通目はビザ申請中メールで、2通目がETA(電子ビザ)のメールです。

2通目のメールを必ずプリントアウトして現地へ持参してください。

以上でETA申請申請手続きは終了となります。お疲れ様でした。

※ビザ申請に関する個別のご質問は直接スリランカ大使館にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
スリランカ大使館TEL:03-3440-6911 /6912 /6915


メールマガジン

次回の旅情報のお知らせなどを、メールでお送りしています。
ご希望の方はお名前とメールアドレスをご記入の上、「送信」ボタンをクリックして下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)


facebookページ

Facebookページでスリランカの情報を発信しています。
スリランカ好きの仲間も続々増えていますよ。忘れずにチェック!チェック!